MY UC1 LIFE 気まぐれ日記

MY UC1 LIFEの管理人KAZの 気がむいた時にしか書かない日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
WBC
今年の東京ラウンドは荒れていますねぇ。
日本は、中国相手に打線が不発。
終わってみれば「4-0」と、「並の試合」で力の差を見せつける事無く終了。
一方、宿敵韓国は台湾相手に「9-0」と、「しっかりとした」試合をした。
そして、昨日の中国vs台湾。
なんと「4-1」で中国の勝ち。
ひょっとして、中国は強いのか??

そして、韓国戦。
不調打線が、オリンピックで苦しめられた韓国のエース「金廣鉉投手」を攻略できるのか?
僕の予想は、「5-2で韓国」でした。
フタを開けてみてびっくり。
「14-2」で日本のコールド勝ち。
日本戦に温存しておいた金廣鉉投手が2回で降板する事態に。
いつぞやの巨人を見ているようでした。
「策士、策に溺れる」
やはり、エースは初戦で登板するのが筋なのでしょう。
それより、驚いたのはイチロー選手の猛打賞。
実は、不調ではなく「打たなかった」のかと思うほど、イチロー選手らしいプレーが出ました。
それより何より、ドラゴンズの選手が出場辞退しなか、福留選手の1安打が一番嬉しかったです。

明日の1位決定戦は順当に行けば、韓国が勝ち上がって来ると考えられます。
となればもちろん、金廣鉉投手が先発になると思います。
1位決定戦も頑張ってほしいです。

それにしても、試合終了後のイチロー選手と福留選手のグラブタッチ、格好良かったなぁ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。